西武、菊池雄星の好投で巨人に快勝…秋山翔吾が3打点 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

西武、菊池雄星の好投で巨人に快勝…秋山翔吾が3打点

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
西武は6月7日、西武プリンスドームで巨人と対戦。菊池雄星が7回2失点の好投を見せ、6-2で巨人に快勝した。

西武は1-2と1点ビハインドで迎えた4回裏、1死一、三塁の好機を作ると、金子侑司内野手が適時打を放って同点。続く好機に、秋山翔吾外野手があわや本塁打となる適時二塁打を放って2点の勝ち越しに成功。投げては、先発の菊池が7回を投げて9奪三振の好投を見せ、勝利に貢献。自身はこれで4連勝となった。

これに対して、「雄星お見事! 7回になっても153キロとか投げてたからもうちょっと投げても良かったのでは? 選手の皆さん次の試合も応援してます」「雄星さん、お疲れ様でした!ケガには気をつけて、次は完投完封勝利でよろしく!」「たくましくなった雄星。次回も楽しみに」など、ここ最近の試合で好投を続ける菊池を称賛する声が相次いでいた。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top