室屋義秀がレッドブル・エアレースで日本勢として初優勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

室屋義秀がレッドブル・エアレースで日本勢として初優勝

スポーツ 短信

室屋義秀がレッドブル・エアレースで日本勢として初優勝
  • 室屋義秀がレッドブル・エアレースで日本勢として初優勝
  • 室屋義秀がレッドブル・エアレースで日本勢として初優勝
  • 室屋義秀がレッドブル・エアレースで日本勢として初優勝
  • 室屋義秀がレッドブル・エアレースで日本勢として初優勝
  • 室屋義秀がレッドブル・エアレースで日本勢として初優勝
  • 室屋義秀がレッドブル・エアレースで日本勢として初優勝
  • 室屋義秀がレッドブル・エアレースで日本勢として初優勝
  • 室屋義秀がレッドブル・エアレースで日本勢として初優勝
「空のF1」と呼ばれる世界最速のモータースポーツ、「レッドブル・エアレース千葉2016」が6月5日に千葉市の幕張海浜公園で開催され、日本の室屋義秀が初優勝した。飛行機レース世界選手権全8戦の第3戦で、トップパイロット14人が参戦した。

国際航空連盟公認の世界選手権シリーズ。日本で開催されるのは昨年の第2戦として同地で開催されて以来。各大会は2日間の日程で行われるが、今回の千葉大会は4日の初日に開催される予定だった予選が高波とコンディション不良により中止。勝ち抜き方式による決勝のラウンドオブ14の組み合わせは、シリーズランキングに基づいて行われた。

日本で開催されるこの大会に向けて万全の体制で臨んだチームファルケンの室屋は、「予選を飛んだほうがいい組み合わせになったはずなので、どちらかと言えば飛びたかった」と語ったが、この日の決勝ではランキング上位選手を次々と破って優勝者を決めるファイナル4へ。

ここまで勝ち抜いてきた4選手による一発勝負の決勝タイムレースで、室屋はトップタイムを記録。日本勢として初めての優勝をつかんだ。
《山口和幸》
≪関連記事≫
≫J1リーグで身長の高い選手ランキングを作成してみたら、トップ5選手は全員〇〇だった

≫米国メディアに手の平を返させた大谷翔平、開幕前の酷評をどう感じていた?

≫ジュビロ磐田・小川航基のスーツ姿がイケメンすぎる!

編集部おすすめの記事

page top