DeNA、ロッテとの接戦を制す…久保康友が8回1失点の好投 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

DeNA、ロッテとの接戦を制す…久保康友が8回1失点の好投

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
DeNAは6月3日、横浜スタジアムでロッテと対戦。先発の久保康友投手が8回1失点に抑える好投を見せ、2-1で勝利した。

DeNAは初回、走者一、二塁の好機を作ると、ロペス内野手が適時打を放って幸先よく先制。4回裏にも相手のミスで1点を加えた。投げては久保が古巣ロッテ打線につけ入る隙を見せず、今季2勝目を挙げた。ロッテは8安打を放つもあと1本が出ず、7回を2失点と好投した涌井秀章投手を援護できなかった。

これに対して、「とりあえず代打が少なすぎる!後2人は欲しいです。 最後の場面で分かったでしょう?田村に代打出せず、最後は打率.240台の岡田。流石にキツイです」「終盤のチャンスで田村に代打を出せない捕手3人制って何だよ」「そろそろ内野手入れ換えないと!代打福浦、サブローだったらと思うと… 横浜には負けたくなかった。しばらく田村使っちゃダメだな…」など、好投のエースを援護できなかったロッテファンからの厳しい声が多く寄せられていた。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top