日本ラグビーフットボール選手会が誕生…より良い環境作りを目指す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

日本ラグビーフットボール選手会が誕生…より良い環境作りを目指す

スポーツ 短信
一般社団法人日本ラグビーフットボール選手会の設立発表会(2016年5月31日)
  • 一般社団法人日本ラグビーフットボール選手会の設立発表会(2016年5月31日)
  • 一般社団法人日本ラグビーフットボール選手会の設立発表会(2016年5月31日)
  • 一般社団法人日本ラグビーフットボール選手会の設立発表会(2016年5月31日)
  • 一般社団法人日本ラグビーフットボール選手会の設立発表会(2016年5月31日)
  • 一般社団法人日本ラグビーフットボール選手会の設立発表会(2016年5月31日)
  • 一般社団法人日本ラグビーフットボール選手会の設立発表会(2016年5月31日)
  • 一般社団法人日本ラグビーフットボール選手会の設立発表会(2016年5月31日)
  • 一般社団法人日本ラグビーフットボール選手会の設立発表会(2016年5月31日)
日本ラグビー界に新しい動きが起きる。5月31日、東京都内で「一般社団法人日本ラグビーフットボール選手会」の設立が発表された。同会は今後、プレーに専念できる環境作り、セカンドキャリア支援などを行っていく。

ラグビー日本代表キャプテン経験もある廣瀬俊朗氏が選手会長を務め、「日本ラグビーのために選手ができることをやろうという組織。未来の子どもたちのために選手がまとまって活動したいという想いでこの選手会をスタートさせた」と説明する。3月に現役引退を発表している廣瀬氏だが、「本来、選手会長は選手が務めるものだが、ここに至るまでみんなと一緒にやってきた関係で立ち上げから1年くらいは選手会長をやらせていただくことに」と続けた。

この選手会は労働組合ではない。労使交渉のような活動も目的としておらず、ラグビー技術の向上や引退後のサポートの他、ラグビーの普及、災害復古運支援、青少年育成といった社会貢献活動に取り組む。

正会員資格は以下の3つのいずれかに該当する選手だ。
1)トップリーグのチームおよび過去にトップリーグに所属したことのあるチームに所属する選手
2)ワールドラグビーその他国際ラグビーフットボール団体およびJRFU(日本ラグビーフットボール協会)の規則により、日本代表選手としてプレーする資格のある選手
3)スーパーラグビーに参加する日本チーム「サンウルブズ」に所属する選手

同選手会では今後、「日本ラグビー発展への寄与」「社会貢献活動」の一環としてチャリティーオークションを開催。また、クラウドファンディングを活用した設立協力者の募集なども行う。
《五味渕秀行》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top