錦織圭、全仏オープン2年連続8強入りならず「一番の原因は雨」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

錦織圭、全仏オープン2年連続8強入りならず「一番の原因は雨」

スポーツ 短信
錦織圭 参考画像(2016年5月29日)
  • 錦織圭 参考画像(2016年5月29日)
テニスの全仏オープンは5月29日、男子シングルス4回戦が行われた。第5シードの錦織圭は第9シードのリシャール・ガスケと対戦し4-6、2-6、6-4、2-6で破れ2年連続のベスト8進出を逃している。

試合のポイントを分けたのは天候だった。第1セットは序盤から互いが相手のサービスゲームをブレークし合う激しい展開。ゲームカウント4-2とリードした第7ゲームでも、サービスゲームで30-40のブレークポイントを握られてしまう。錦織は31本ものロングラリーを制しデュースへ持ち込んだが、このポイントを区切りに試合は降雨のため中断した。

そして再開後の試合で錦織は流れと持ち味を失い、ガスケに今季クレーコートシーズンで初黒星を喫した。

「ベスト4だったり決勝に行ける可能性を感じていたので、もったいないというか悔しい」と話す錦織。雨によってボールが重くなり、ウィナーが決まらなくなったことで試合は中断前と違うものになったと振り返る。

「やっぱり雨が降ったのが一番の原因。もうちょっと晴れていれば速い展開ができたと思うが、そこの調整を自分ができてなかったのが一番の敗因だと思う」

これが今季クレーでの最終戦になる錦織。6月からはウィンブルドンに向けグラス(芝)コートの季節が始まる。

「なるべく良い結果を出すのみです。まだ1週間、2週間あるのでしっかり休みます。疲れも溜まっているので疲れをなくして、ケガがないようにするのが一番」
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top