阪神、終盤の集中打で5点差を逆転…大和が決勝打 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

阪神、終盤の集中打で5点差を逆転…大和が決勝打

スポーツ 短信
野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
阪神は5月1日、甲子園球場でDeNAと対戦。終盤の集中打で5点差を逆転し、7-6で勝利した。

阪神は5点ビハインドで迎えた7回裏、満塁の好機を作ると、狩野恵輔外野手と大和内野手が押し出し四球を選んで3点差に迫る。さらに続く好機で、鳥谷敬内野手が適時打を放って2点差とすると、ゴメス内野手にも適時打が飛び出して同点。続く8回には2死一、三塁の好機で大和が値千金の適時打を放って勝ち越しに成功した。

これに対して、「やれやれ、こんな試合もあるんだな。勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなしやね。今日はまさに勝ちを拾ったね」「最高や!若虎が作ったチャンスからの大逆転劇 5月攻勢の始まりと行きましょう!」「嘘みたい…夢のようです」「結果的に勝ってよかった。次はナゴヤドームで試合。なんとか鬼門を突破してくれ」「大和、ナイスバッティング! しかし、原口、いいですね~」など、大逆転勝利を喜ぶ阪神ファンの声が多く寄せられていた。

《浜田哲男》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top