浦和レッズ・槙野智章らが被災地訪問…ロアッソ熊本のサッカー教室に参加 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

浦和レッズ・槙野智章らが被災地訪問…ロアッソ熊本のサッカー教室に参加

スポーツ 選手

ロアッソ熊本のツイッターより
  • ロアッソ熊本のツイッターより
  • 槙野智章(浦和レッズ)のインスタグラムより
J2・ロアッソ熊本は4月25日、少年少女を対象にしたサッカー教室を開催。浦和レッズDF槙野智章とGK西川周作らも休日を利用して熊本の被災地を訪問し、サッカー教室に参加した。

九州地方が大きな被害を受けた熊本地震の影響で、公式戦を中止しているロアッソ熊本。この日は地元の園児から高校生までの男女約200人が参加し、選手たちとサッカーで汗を流した。

サッカー教室には、ロアッソ熊本の選手をはじめ、浦和レッズから槙野と西川、FW李忠成、熊本市出身のGK大谷幸輝が参加。また、ヴィッセル神戸から宇城市出身のMF田中英雄、熊本市出身のMF三原雅俊も駆け付けた。

ロアッソ熊本の公式ツイッターには、選手と子どもたちがサッカーを楽しむ様子の写真が投稿されている。

槙野はインスタグラムに、「今日は本当濃い1日だったな」と教室に参加したチームメートとの写真を載せている。

ファンからは、「わざわざ熊本まで来てくださりありがとうございます!」「握手して頭撫でてもらったって言ってました。息子の一生の記念になります!」「九州にもパワーをくれてありがとう!」「半端ない行動力に泣けます」「さすがまっきー!」「行けるようになったら埼スタに行きます!」などの声が挙がっていた。




《桜川あさひ》

編集部おすすめの記事

page top