ガンバ大阪・宇佐美貴史、「ブーイングされても」ファンに感謝の想い | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ガンバ大阪・宇佐美貴史、「ブーイングされても」ファンに感謝の想い

スポーツ 選手

宇佐美貴史 参考画像(2016年4月19日)
  • 宇佐美貴史 参考画像(2016年4月19日)
  • 宇佐美貴史(ガンバ大阪)のブログより
  • 宇佐美貴史 参考画像(2016年4月19日)
ガンバ大阪に所属する日本代表FW宇佐美貴史が4月24日、サポーターへの感謝の想いをブログでつづった。同日、J1ファーストステージ第8節でアビスパ福岡と対戦。敵地に乗り込み、宇佐美のゴールにより1-0で勝利した。

この日は「サポーターの皆さんへ」とエントリー。アウェーでの試合に声援を送ったファンへ感謝の言葉を書き込む宇佐美。伝えたい想いはたくさんあるが、「やめときます。湿っぽくなりそうなんで」とするも、「ただ一つだけ」と書き始めた。

「アップの時1番最初にチャントを歌ってくれたのすげー嬉しかったです。ブーイングされてもおかしないおもてたんで。ブーイングされても俺は折れないですけど」

ブーイング覚悟で臨んだ試合で、ウォーミングアップ時にサポーターが自身の応援歌を歌ってくれたことが嬉しかったという。

ガンバ大阪は4月19日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ第5節で水原三星(韓国)と対戦。1-2で敗れてACLの敗退が確定した。

前半35分、DF丹羽大輝が相手エリア内で倒されてPKを獲得。宇佐美はキッカーとなるも、相手GKにセーブされ、チャンスをものにできなかった。

この悔しさを胸に挑んだアビスパ福岡戦。得点を奪った宇佐美は、「もちろんこれでチャラにならない事なんて理解してます。これを機にこれからもっと自分の結果がそのままチームの結果に繋がるように頑張ります」と今後の意気込みを示している。

ファンからは、「ゴールめちゃくちゃ感動しました!」「宇佐美選手でもそんな心配するんですね(笑)」「全てを背負いすぎづに頑張ってください!」「正直者の宇佐美選手、益々好きになってしまいそう!」「下向いたらアカンよ。サポ皆んなが応援してるから!」などのコメントが寄せられていた。

ガンバ大阪は次戦は、4月29日にホームで川崎フロンターレを迎える。
《桜川あさひ》

編集部おすすめの記事

page top