日本人3選手所属のハノーファー、最終節を待たずに降格が決まる | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

日本人3選手所属のハノーファー、最終節を待たずに降格が決まる

スポーツ 短信

日本人3選手所属のハノーファー、最終節を待たずに降格が決まる
  • 日本人3選手所属のハノーファー、最終節を待たずに降格が決まる
  • 日本人3選手所属のハノーファー、最終節を待たずに降格が決まる
4月24日にドイツ・ブンデスリーガ第31節の全日程が終了した。清武弘嗣、酒井宏樹、山口螢の3選手が所属するハノーファーは、この日の試合でフランクフルトがマインツに勝利したため2部降格が決定した。

前日の試合で清武、酒井がゴールを決めインゴルシュタットと引き分けたハノーファー。残留に向け微かな望みをつないでいたが、長谷部誠のフランクフルトが勝ち点を30まで伸ばした。

最終節で17位のフランクフルトと16位のブレーメン(勝ち点31)は直接対決が組まれている。この試合で両チームが1点ずつ加えるか、どちらかが3点得ることは確実。そのためハノーファー(同22点)は17位以下が確定した。

降格が決定したハノーファーには、「ハノーファー降格決定か。清武はどうするんだろ」「清武は他のチームが放っておかないだろ」「清武は移籍した2チーム連続で降格の憂き目に…移籍だろうな」「清武はブンデス中位くらいのクラブで見てみたいな」「清武と酒井がゴール決めて、あのタイミングでの降格は回避した粘りを忘れない」などの声が寄せられている。

今季は開幕から残留争いが続いたハノーファー。シーズン中に2度の監督交代も経験し、残り試合とにかく全勝して他クラブの結果を待つしかない状況だった。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top