本田圭佑、再び出番を失う…ミラン新体制に早くも批判 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

本田圭佑、再び出番を失う…ミラン新体制に早くも批判

スポーツ 短信

本田圭佑 参考画像(2016年4月21日)
  • 本田圭佑 参考画像(2016年4月21日)
  • 本田圭佑 参考画像(2016年4月17日)
日本代表FW本田圭佑の所属するACミランは4月21日、セリエA第34節でカルピと対戦し0-0で引き分けた。ミランのクリスティアン・ブロッキ監督は、ホーム初戦を白星で飾ることができなかった。

シニシャ・ミハイロビッチ監督の解任を経て、ミランはシーズン中盤の好調を支えた4-4-2から、再びシステムを不振だったシーズン序盤のものへ戻している。これによりミハイロビッチ政権で不動の右サイドハーフだった本田の扱いが大きく変わった。

トップ下のファーストチョイスはジャコモ・ボナベントゥーラ。その次はケヴィン=プリンス・ボアテング。本田は3番手以下というのが就任後2試合でブロッキ監督の示した序列だ。

ブロッキ監督はカルピ戦の前に行った会見で、「すべての選手にチャンスはある」と話していたが、ベンチメンバーの熱を下げないための発言と見るほうが適切だろう。

これで勝てるならサポーターも納得するが、ミランは決め手を欠きゴールが奪えない。この日はボナベントゥーラを1列下げ、ボアテングをトップ下に置いたブロッキ監督。だがそのボアテングが低調なパフォーマンスでブーイングを浴びる。

再び迷走し始めたミランにファンからは、「まったく希望が見えない」「愚かな選手選考」「監督じゃなくてベルルスコーニが選んでるんだろ」「会長が辞めない限り同じことの繰り返しだ」など批判が出ている。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top