太田宏介のフィテッセ、PSVに敗れ4戦勝ち星なし | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

太田宏介のフィテッセ、PSVに敗れ4戦勝ち星なし

スポーツ 短信

サッカー ゴール イメージ(c)Getty Images
  • サッカー ゴール イメージ(c)Getty Images
太田宏介のフィテッセは4月19日、エールディビジ第32節でPSVと対戦し0-2で敗れた。太田は先発で後半45分までプレーしている。

3連勝中のPSVに対して、フィテッセは3月20日の第28節フローニンゲンを最後に勝ち星から遠ざかっていた。PSVのホームで行われた試合は両チームの状態をそのまま表す結果になる。

前半12分にPSVは右サイドでルシアーノ・ナルシンがボールをキープ。オーバーラップしてきた味方にボールを渡し、最後はデイフィ・プレパーがゴール隅に先制弾を決めた。なおも攻勢を仕掛けるPSVは後半26分、ルーク・デ・ヨングがPKを決めてリードは2点となった。

フィテッセは敵地でゴールを奪えずリーグ戦4試合勝ち星なし。勝ったPSVは勝ち点を78として暫定ながら1位。3位以下を大きく離し、アヤックスとの一騎打ちを続けている。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top