阪神、鳥谷敬の決勝打で快勝…ヤクルトはペレスが誤算 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

阪神、鳥谷敬の決勝打で快勝…ヤクルトはペレスが誤算

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
阪神は4月19日、甲子園球場でヤクルトと対戦。終盤まで互角の勝負を演じていたが、8回裏に怒涛の攻めで一挙4点。8-4で快勝した。

4-4の同点で迎えた8回裏、阪神は好機を作ると、鳥谷敬内野手が適時打を放って勝ち越しに成功。さらに福留孝介外野手にも適時打が飛び出すなど、この回だけで4点を挙げ、試合を決めた。ヤクルトはリリーフでマウンドに上がったペレス投手が制球を乱すなど誤算だった。

これに対して阪神ファンからは、「相変わらずクールやな鳥」「やっと鳥がお立ち台か、もっと仕事してくれないとなあ」「今日は勝てたことだけが収穫だね。ホッとしてるだろうな、晋太郎」「連敗ストップ!ほっとした」「やっと連敗止まった~。明日もがんばれ!」など連敗ストップに安堵する声が多く寄せられていた。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top