サウサンプトン・吉田麻也、故郷を襲った熊本地震「みんなのできることをやりましょう」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

サウサンプトン・吉田麻也、故郷を襲った熊本地震「みんなのできることをやりましょう」

スポーツ 選手

吉田麻也 参考画像(2015年11月28日)
  • 吉田麻也 参考画像(2015年11月28日)
  • 吉田麻也(サウサンプトン)のツイッターより
  • 吉田麻也 参考画像(2015年11月12日)
  • 吉田麻也 参考画像(2016年3月24日)
イングランド・プレミアリーグのサウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也が4月17日、熊本地震の被災地へ想いをツイッターで寄せた。

熊本県内を中心とした被災地の人々に、「みなさんの無事を心より祈っています」と吉田「引き続きみんなのできることをやりましょう」と継続的に自身ができる支援を行うことを示している。

九州、長崎県出身の吉田。「長崎の僕の家族は無事です」と心配をしてくれたファンへ感謝の言葉を続けた。

小学校を卒業するまで長崎市内で育った吉田は、中学校入学と同時に名古屋グランパスのジュニアユースに入団。12歳で親元を離れ、年の離れた兄とともに愛知県で生活を送っていた。

ファンからは、「ご家族ご無事で良かったです!」「力を合わせ頑張りましょう!」「大分も余震は減りましたが、雨風が強いので不安な夜です」「吉田選手これからもサッカーで勇気を与えてください!」などのコメントが寄せられていた。


《桜川あさひ》

編集部おすすめの記事

page top