ベルギーとオランダの大使館を結ぶ都心部サイクリングでうららかな春を満喫 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ベルギーとオランダの大使館を結ぶ都心部サイクリングでうららかな春を満喫

イベント スポーツ

ベルギーとオランダの大使館を結ぶ都心部サイクリングでうららかな春を満喫
  • ベルギーとオランダの大使館を結ぶ都心部サイクリングでうららかな春を満喫
  • 朝食はベルギーワッフル
  • ベルギーは自転車レースの盛んだ
  • ベルギーとオランダの大使館を結ぶ都心部サイクリングでうららかな春を満喫
  • 朝食はベルギーワッフル
  • スタート前にベルギー大使やオランダ公使が記念撮影
  • ベルギー大使やオランダ公使も参加した
  • 皇居のパレスサイクリング
東京のど真ん中にあるベルギー・オランダ両大使館を発着とするサイクリングイベントが4月10日に行われ、多くのサイクリストが参加。ふだんは立ち入ることができない大使館の敷地内でベルギーワッフルやココアなどを味わい、新緑が美しい週末の都内をのんびりと散走した。

「オランダ~ベルギー・フランダース in 東京散走2016」は今回で4回目となるサイクリングイベント。スタート地点となる麹町のベルギー大使館ではココアやベルギーワッフルなどが振る舞われた。この日のコースは交通量の少ない週末の都心部。北の丸公園、日曜日には自転車専用道路となる皇居のパレスサイクリング、丸の内、日比谷公園、愛宕山、東京タワーをめぐっておよそ12km。

ゴールはチューリップが咲き乱れるオランダ大使館。オランダ・バンホーテンのココアや軽食で楽しい昼食を取った。
「年々、東京の町が美しくなるのを感じた」と常連参加者がゴール後に感想を語っていたように、2020年東京オリンピック・パラリンピックを目指した整備とともに、安全で快適な自転車通行のための環境作りが確実に進められていることを物語っているようだ。

ベルギーとオランダはどちらも世界有数の自転車王国。サイクリングの楽しさも十分に理解していて、日本に赴任した外交官らは家族とともに東京でも自転車のある快適なライフスタイルを送っているという。そんなサイクリング王国のやりかたを都内で味わうことができる、春の夢心地のようなイベントだった。
《山口和幸》

編集部おすすめの記事

page top