DeNA・山口俊、今季初登板で初勝利…自らホームランも放つ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

DeNA・山口俊、今季初登板で初勝利…自らホームランも放つ

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
DeNAの山口俊投手は4月9日、ヤクルト戦で今季初の1軍先発マウンドに上がり6回1/3を投げて10安打5失点、6奪三振で勝利投手になった。チームは10-5で勝利して引き分けをはさみ続いていた連敗を5でストップしている。

アレックス・ラミレス監督から開幕投手に指名されていた山口。しかし右足首を痛め、その期待に応えることはできなかった。今季初登板となった試合は五回まで毎回ヒットを許しながら、ウラジミール・バレンティンのソロ本塁打による1失点で切り抜ける。

DeNAは四回に井手正太郎、ホセ・ロペスに本塁打が出て勝ち越しに成功。さらに山口自ら本塁打を放ち一挙5点を奪う。大量リードをもらい六回を3者凡退で抑えた山口。だが七回、森岡良介に二塁打を許したところから連打を浴びると、ヤクルト打線を止められない。山田哲人に適時二塁打を打たれ、イニングの途中で降板した。

それでも打線の奮起があり今季初勝利を挙げた山口。ヒーローインタビューでは、「まさかバッティングでヒーローインタビューに立つとは思っていませんでした」と話しスタンドを沸かせた。本職である投球に関しては「次はピッチャーとしてお立ち台に立てるようがんばります」と、次回の奮起を誓った。

ファンからも連敗ストップを喜ぶ、「ここから連勝街道まっしぐらだ!」「ロペス選手も打順が変わって眠れる怪物を起こしたような活躍ぶり」「やっぱり、ロペスは5番です」「ようやく連敗が止まって良かったです」「ここから巻き返しましょう!」などのコメントが寄せられる。

1軍登録即スタメンの井手正太郎選手の同点弾に勇気をもらい、山口俊投手自らの2ランHR、そして何より今季初打点となるホセ・ロペス選手の3打席連続アーチで2桁安打2桁得点の大勝!本日の試合結果はこちらから↓http://www.baystars.co.jp/game/2016/04/09/2_s/index.php#DeNAvictory2016

横浜DeNAベイスターズさんの投稿 2016年4月9日
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top