低迷するミラノの2クラブ、今季もCL復帰は厳しいか | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

低迷するミラノの2クラブ、今季もCL復帰は厳しいか

スポーツ 短信

長友佑都 参考画像(2016年4月3日)
  • 長友佑都 参考画像(2016年4月3日)
  • 本田圭佑 参考画像(2016年3月1日)
かつて欧州でも屈指の名門と呼ばれた、イタリアの2クラブが今季も苦しんでいる。ACミランとインテル・ミラノはセリエA終盤にきて失速、UEFAチャンピオンズリーグ(UCL)出場権争いから後退した。

2009-10シーズンUCLを制したインテルだが、2011-12シーズンを最後に出場がない。シーズン序盤は首位争いを演じるなど好調だったが、その後は勝てない時期が続き、3日のトリノ戦を落として3位のローマと勝ち点8差。来季UCL出場権がかかるトップ3を目標にやってきたが、逆転に残されたのは7試合しかない。

2013-14シーズン以来の出場を目指したACミランも今季は苦戦が続く。序盤からのつまずきで早々に現実的な目標をUEFAヨーロッパリーグ(EL)出場に切り替え戦ってきた。一時の追い上げでEL出場権も見えたミランだが、ここにきてリーグ戦最近4試合で2分け2敗と失速した。決勝に進出したコッパ・イタリア制覇が残された数少ないチャンスだ。

今季のUCL決勝戦は両チームの本拠地サン・シーロで行われる。久しぶりに欧州最高峰の熱気がミラノへ戻ってくるが、盛り上がれば盛り上がるほど地元のサッカーファンは一抹の寂しさを感じそうだ。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top