巨人・菅野智之、完封で2勝目…阪神は連勝ストップ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

巨人・菅野智之、完封で2勝目…阪神は連勝ストップ

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
巨人は4月6日、東京ドームで阪神と対戦。先発の菅野智之投手が阪神打線を完封し、3-0で勝利した。

菅野は序盤のピンチを無失点で切り抜けると、尻上がりに調子を上げ、終わってみれば9回6安打無失点。好調阪神打線をシャットアウトした。打っては4回裏、村田修一内野手が一、二塁間を破る適時打で先制。続く5回裏には、立岡宋一郎外野手が適時打を放って加点した。

これに対して、「3回までは岩田に1安打で菅野が5安打されてどうなるかと思った。もう少し丁寧な攻撃をしてもっと楽な展開にしてほしかった」「岩田がどうこうってより序盤ヒットを打っても1点も取れなかったのが痛かったね。まあ明日だよ。お互いにね」「菅野いうことなし!今年は全然違うね、甘えもないくらい変革してる。ナイスピッチ」など菅野の投球を称賛するファンの声が多く寄せられていた。

この試合の結果、阪神の連勝は3でストップした。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top