巨人、延長12回の熱戦を制す…立岡が値千金の決勝打 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

巨人、延長12回の熱戦を制す…立岡が値千金の決勝打

スポーツ 短信

野球 イメージ
  • 野球 イメージ
巨人は4月3日、マツダスタジアムで広島と対戦。延長12回までもつれこんだ試合は、立岡宗一郎外野手の決勝打で巨人が4-3で勝利した。

3点リードして迎えた5回裏、広島・丸佳浩外野手に適時三塁打を浴びて1点差に詰め寄られると、8回裏には會澤翼捕手に適時打を打たれて同点とされる。それでも9回裏のピンチをしのいだ巨人は12回表、立岡が値千金の適時打を放って勝ち越しに成功した。投げては、6番手で登板した澤村拓一投手が今季3勝目を挙げた。

これに対してファンからは、「今年の巨人は接戦が多いね。でも大概勝っているのは素晴らしい」「澤村が既に3勝。先発陣も頑張らないとね」「立岡がよく決めてくれた!ナイスバッティング!」「う~ん、悔しい!サヨナラのチャンスがあっただけに…」などさまざまな声が寄せられていた。

広島は9回にサヨナラの好機を作ったが、あと一本が出なかった。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top