巨人、亀井の決勝打で延長戦を制す…マシソンが今季初セーブ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

巨人、亀井の決勝打で延長戦を制す…マシソンが今季初セーブ

スポーツ 短信

野球 イメージ
  • 野球 イメージ
巨人は3月31日、横浜スタジアムでDeNAと対戦。延長11回までもつれ込んだ熱戦は、巨人が6-4で勝利した。

巨人は3点リードで迎えた7回裏、DeNAの筒香嘉智外野手に3点本塁打を浴びて、一挙に同点とされる。試合はそのまま3-3のまま延長戦に突入。10回表、巨人は村田修一内野手の適時打で勝ち越しに成功するも、その裏にDeNAは荒波翔外野手が適時打を放って同点とする。しかし11回表、巨人は亀井善行外野手が2点適時打を放って再びリードすると、最後はマシソン投手がリードを守って逃げ切った。

これに対して、「今日の試合は面白かったな!こういう試合を期待している!」「荒波のタイムリーで興奮したけど、結局負けてしまったじゃん…」「巨人は粘り強かったけど、DeNAもしぶとかった。筒香の3ランは鳥肌立った」など、ファンからはさまざまな声が寄せられていた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top