巨人、打線爆発で開幕2連勝…高木が7回2失点の好投 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

巨人、打線爆発で開幕2連勝…高木が7回2失点の好投

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
巨人は3月26日、東京ドームでヤクルトと対戦。巨人・先発の高木勇人投手が7回2失点の好投を見せ、巨人が開幕2連勝を飾った。

巨人は2回裏、小林誠司捕手の適時打などで幸先よく2点を先制すると、3回にはクルーズ内野手が今季第1号の3点本塁打、6回には長野久義外野手が2試合連続となる2点本塁打を放って突き放した。ヤクルトは先発の石川雅規投手が誤算だった。

これに対して、「高木が良かった。ナイスピッチング!小林も今年はバッティングいいじゃん!」「開幕2連勝とは最高の滑り出し。ヤクルトから2連勝っていうのが良い」「一発もタイムリーも出て、打線はいい感じ。高橋監督、幸先いいね」「ヤクルト反撃が遅すぎ。高木からはまったく打てなかったな」など、ファンからはさまざまな声が寄せられていた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top