中日、桂の一発で逆転勝利…ヤクルトとの接戦を制す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

中日、桂の一発で逆転勝利…ヤクルトとの接戦を制す

スポーツ 短信

野球 イメージ
  • 野球 イメージ
中日は4月3日、神宮球場でヤクルトと対戦。桂依央利捕手の逆転本塁打が飛び出し、3-2で勝利した。

0-0で迎えた4回表、中日はビシエド外野手が適時打を放って幸先よく先制。その後、ヤクルトの山田哲人内野手に2点適時打を浴びて逆転されるも、7回表に桂の起死回生の2点本塁打が出て試合を決めた。投げては、先発のネイラー投手から始まった4投手のリレーでヤクルト打線を2点に抑えた。

これに対して、「ビシエドはいいね!当たりの助っ人だと思うわ」「桂の予想外の一発で決めた試合。谷繁監督も嬉しいだろうね!」「まだ始まったばかりだけどセ・リーグは接戦になる気がしてならない」など、ファンからの声が寄せられていた。

ヤクルトは中日と同じ8安打を放ちながらも、あと一本が出なかった。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top