阪神とヤクルト、延長12回でも決着つかず…高山はプロ入り第1号 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

阪神とヤクルト、延長12回でも決着つかず…高山はプロ入り第1号

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
阪神は3月31日、神宮球場でヤクルトと対戦。延長12回の死闘は6-6の引き分けで終わった。

阪神は初回、先頭打者のドラフト1位ルーキー・高山俊外野手が初球をとらえると、打球はグングン伸びて右翼中断に突き刺さるプロ入り第1号。その後は点の取り合いとなり、1点ビハインドで迎えた7回表、阪神はヘイグの適時打で同点とすると、鳥谷敬内野手の犠飛などで逆転に成功した。その後、ヤクルトに追いつかれて5-5で延長に突入。阪神は11回表、鳥谷が押し出しの四球を選び勝ち越したが、その裏に川端慎吾外野手に適時打を打たれて同点とされた。

これに対して、「せっかく点を取っても、そのすぐ裏に点を取られてたら勝てないぞ!負けなかっただけラッキーって感じの試合」「高山はプロの投手に苦戦気味だったけど、この一発で勢いに乗ってくれれば!」「ヤクルトがよく粘った。それにしても手に汗握る試合…両チームともお疲れ様」など、ファンからはさまざまな声が寄せられていた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top