アレックス・ロドリゲス、最多本塁打記録に挑戦…現役最後の2シーズン | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

アレックス・ロドリゲス、最多本塁打記録に挑戦…現役最後の2シーズン

スポーツ 選手

アレックス・ロドリゲス 参考画像(2015年5月29日)
  • アレックス・ロドリゲス 参考画像(2015年5月29日)
  • アレックス・ロドリゲス(ニューヨーク・ヤンキース)のインスタグラムより
  • アレックス・ロドリゲス(2015年7月25日)
来季限りでの引退を表明している、ニューヨーク・ヤンキースのアレックス・ロドリゲス内野手。開幕に向けトレーニングする様子を、自身のインスタグラムで公開した。

メジャー21年間で積み上げた本塁打の数は歴代4位の687本。首位打者1回、本塁打王5回、打点王2回など多くのタイトルも獲得した。史上最年少での通算600本塁打達成などスピード記録も持っている。最盛期にはメジャーを代表する打者として高い人気を誇っていた。

だが華々しいキャリアは晩年に暗転する。禁止薬物使用の発覚と、それをめぐるメジャーリーグ機構との闘争だ。ロドリゲスは2014年、シーズン全試合の出場停止処分を科された。

1年間の出場停止が解け、久しぶりにグラウンドへ戻ってきた2015年。オープン戦から開幕間もなくは、ファンからのブーイングにさらされる場面もあった。だがロドリゲスはチームのために打ち続け、このシーズン151試合出場で打率.250、33本塁打、86打点の成績を残す。その姿は再びファンの間に支持を拡大させた。

この日の投稿にもファンからの、「良いトレーニングをしているようだね。今シーズンも期待している」「ロドリゲス大好きだよ」「今年も頼むぞA-ROD」「アレックス準備はできてるか?今から君に会うのが待ちきれない。本当に興奮してるよ」などのコメントが寄せられている。

今季開幕前に受けた『ESPN』のインタビューにて、「今まで楽しんだ。家に戻って父親になるときだ」と話し、契約満了を迎える2017年が現役最後の年と明かしていたロドリゲス。

バリー・ボンズの持つ通算本塁打記録までは残り75本。残り2シーズンで到達できるか。

#5daystogo #openingday #yankees #mlb

Alex Rodriguezさん(@arod)が投稿した写真 -

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top