異性と話せない?ピース・又吉&綾部もビックリ、競輪学校の寮生活 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

異性と話せない?ピース・又吉&綾部もビックリ、競輪学校の寮生活

スポーツ 選手

2016年度KEIRIN新CM発表会(2016年3月29日)
  • 2016年度KEIRIN新CM発表会(2016年3月29日)
  • 2016年度KEIRIN新CM発表会(2016年3月29日)
  • 左から競輪学校を卒業した佐々木龍さん、遠藤勝弥さん、蓑田真瑠さん、鈴木奈央さん(2016年3月29日)
  • 2016年度KEIRIN新CM発表会(2016年3月29日)
  • 2016年度KEIRIN新CM発表会(2016年3月29日)
  • 2016年度KEIRIN新CM発表会(2016年3月29日)
  • 2016年度KEIRIN新CM発表会(2016年3月29日)
  • 2016年度KEIRIN新CM発表会(2016年3月29日)
3月25日に競輪学校を卒業した未来の競輪選手たちが、2016年度KEIRIN新CMに出演するお笑いコンビ・ピースの又吉直樹さんと綾部祐二さんに競輪学校の厳しい寮生活を打ち明けた。

競輪選手になるためには、競輪学校で肉体トレーニングをすればいいだけじゃない。卒業した佐々木龍さん(25才)、遠藤勝弥さん(26才)、蓑田真瑠さん(26才)、鈴木奈央さん(19才)たちが知られざる内情を教えてくれた。

まず、テレビを観る時間が決まっており、携帯電話など通信機器は一切使うことができないという。

「この時代に合わない公衆電話を使います。彼女がいる人はテレホンカードでかけるのですがテレホンモンスターと呼ばれて年間10万とか使っている人もいるくらい」

外出できるのは、男女別に2週間に1回だ。綾部さんは、「もし付き合っていても一緒にデートすることできないんだ!」と驚きを隠せない。

異性と話をすることができないという。使う階段も分かれている。フロアも別、日曜日も別々の生活を送ってきたせいか卒業生たちは、「隣に話しかけられる女性がいるのでドキドキする」「話せるのが新鮮ですね」と照れくさそうに話す。

学校内で帽子を被るタイミング、脱ぐタイミングもぜんぶ決まっているそうだ。

「宿舎のなかに入る時に被っていてはいけない。被ったまま入っていくと呼び出し。タイミングは早すぎても遅くてもダメ。『ここで脱げよ』という地点がある」と遠藤さんが帽子を被るふりをしながら説明。

さらに整理整頓も身につけるため、毎月居室点検が行われる。そんな寮生活に綾部さんは、「オレは2日で逃げる。無理…」と思わずポロり。又吉さんは、「危険がともなう競技。数センチで1位、2位が決まってしまう世界だからそういう所から」と納得していたようだ。

最後に又吉さんは坊主頭の男子を見て「将来こんなヘアスタイルにしたいなあ?とか…」とボケつつ、「それだけしんどいトレーニングに耐えてでもやりたい競輪の魅力は?」と質問した。

「自分の体ひとつで、頑張れば頑張るだけ評価される。それが収入に変わってくるところが魅力なんじゃないかなと思います」と佐々木さん。

それに綾部さんは、「シンプルイズベストだよね。鍛えて速く走ればそれだけお金がもらえる」と締めくくった。

辛いトレーニング、厳しい寮生活を乗り越えて、競輪学校卒業生たちはバンクへと巣立って行く。
《五味渕秀行》

編集部おすすめの記事

page top