【澤田裕のさいくるくるりん】東京23区内で50km強を走るコースを開拓…花見がてらにオススメ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【澤田裕のさいくるくるりん】東京23区内で50km強を走るコースを開拓…花見がてらにオススメ

オピニオン コラム

23区内とは思えないほど、豊かな自然に恵まれた水元公園
  • 23区内とは思えないほど、豊かな自然に恵まれた水元公園
  • 葛西臨海公園の並木の間を抜けていく
  • 荒川河口近くの左岸に沿って、健康の道・サイクリングロードが延びている
  • 健康の道・サイクリングロードから中州を貫く道までは、この地図を参考に
  • 葛西橋の途中から、荒川と中川にはさまれた中州を貫く道へ
  • 綾瀬排水機場を目印として、右に堤防を下る
  • その先の小菅中の橋を渡って都道308号へ
  • 江戸川の堤防天端に延びる自転車道。幅も広く、快適に走行できる
東京・柴又の帝釈天界隈と水元公園のことは、2014年5月1日公開の本コラムで取り上げました。あれから2年。この2カ所に葛西臨海公園も加えた周回コースを新たに開拓。十分に走りがいがあり、しかも走行環境にも恵まれたこの道を紹介しましょう。

周回ということでスタートはどこでもOK。駐車台数311台とクルマでのアプローチに優れた水元公園でもいいですし、駅名のとおり降り立った目の前が葛西臨海公園というJR京葉線の葛西臨海公園駅も便利です。もちろん23区東部のコースということもあり、自走で…という人もたくさんいるでしょう。そのなかで今回は鉄道派を尊重し、葛西臨海公園駅を起終点としました。

まずは西(右)。公園を抜けた先、東京湾に面して景色の開けた荒川河口からの左岸は、江戸川区が定めた健康の道・サイクリングロードとなっています。そこを進んで都道10号(清砂大橋通り)と首都高速の高架をくぐった先で都道450号へ。


荒川河口近くの左岸に沿って、健康の道・サイクリングロードが延びている

さらに葛西橋手前で右を並行する車道に移り、橋をくぐって右折します。橋の上まではスロープとなり、そのまま上流側の歩道へ。橋の途中で右に曲がると、荒川と中川にはさまれた中州を貫く道(緊急用河川敷道路)に入ります。ここまではわかりにくいところもありますから、地図を参照してください。

歩行者と自転車に開放されている道をひたすら北上。こちらは荒川右岸より歩行者も自転車も少なく、気兼ねなく走り続けられます。ただし隣接するグラウンドの利用者が、道を横断するのには気をつけましょう。迷うことのない道は、途中に簡易トイレがあるくらいです。

【次ページ 葛飾柴又の帝釈天へ】
《》

編集部おすすめの記事

page top