【小さな山旅】関東の嵐山をのんびりハイキング…茨城県御前山・富士山 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【小さな山旅】関東の嵐山をのんびりハイキング…茨城県御前山・富士山

オピニオン コラム

御前山・那珂川・那珂川大橋。関東の嵐山と呼ばれるゆえんの風景
  • 御前山・那珂川・那珂川大橋。関東の嵐山と呼ばれるゆえんの風景
  • 富士山と書いて、ふじやまと読む
  • 里山らしい風景がのぞめる
  • 冬の景色はこんな感じ
  • 帰りは田畑を見ながらのんびりと道路を歩く
茨城県常陸大宮市にある御前山(標高156m)は、こんもりとした小さな山。御前山のすぐ脇を流れるのは、カヌーが人気の清流の那珂川だ。那珂川をまたいで道路をつなぐ赤い橋が那珂川大橋になる。

●関東の嵐山
山・川・橋。これらが三位一体となった風景が、京都嵐山に似ていることから関東の嵐山、もしくは常陸嵐山と呼ばれている。この風光明媚な景色が拝めるのは、御前山の自然が長年にわたって守られてきたからだ。

江戸時代に、御前山は御留山(おとめやま)として樹木の伐採を禁じられていた。そのため付近の樹木は昔ながらの原生林になっている。樹木が豊かな環境であれば、そこに住み着く生物も豊かになる。

カワセミが川の流域を飛び交う姿や、那珂川を遡上するサケの姿、全国的にも珍しいイトトンボの姿など、他ではあまり見られない光景を、自然と生物が作り出している。これらをゆっくり眺めながら歩くのは、ある意味贅沢なものだ。

●ハイキングコースをのんびり歩く
御前山ではハイキングコースがきちんと整備されているのも嬉しい。道の駅近くのハイキングコース入口から、御前山、富士山(ふじやま、183m)と歩き、青少年旅行村へ。

そこから田畑の間を通る道路に抜けて、登山道入口まで歩いて戻る。4時間ほどのコースになり、そこそこの充足感が得られる。危険な場所は一切なく、里山の景色を眺めながらのんびりと歩けるので、初心者でも安心のコースだ。

さらに那珂川大橋の近郊には、地域の食材が手に入る道の駅かつら、ロッジやバンガローがある御前山青少年旅行村、カヌーガイドのストームフィールドガイドなどの観光的要素がそろっている。ちょっと足を延ばせば温泉もある。

自然・食・遊び。これらが三位一体となった贅沢なハイキングが楽しめるのは、関東の嵐山だからこそ。雪・月・花、心・技・体、ハク・ハツ・チュン(麻雀)…。

3つがセットになっていると、とてもお得で素敵な感じがしてしまうのは、筆者だけではないはずだ。
《久米成佳》

編集部おすすめの記事

page top