バイエルンのグアルディオラ監督、激闘から中2日での勝利を称える | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

バイエルンのグアルディオラ監督、激闘から中2日での勝利を称える

スポーツ 短信

ケルン大迫は途中出場(c)Getty Images
  • ケルン大迫は途中出場(c)Getty Images
  • サッカー ゴール イメージ(c)Getty Images
3月19日に行われたドイツ・ブンデスリーガ第27節、首位のバイエルンは敵地でケルンと対戦し1-0で勝利した。ケルンのFW大迫勇也は後半17分から出場している。

16日にイタリア王者ユベントスとの、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント決勝トーナメント1回戦を戦ったばかりのバイエルン。ケルン戦ではメンバーを数名入れ替え臨んだ。

試合は前半10分、リーグ得点王争いでトップに立つロベルト・レヴァンドフスキが、今季25得点目の先制弾を決めた。この1点を守りきりバイエルンは勝利している。

試合後の会見でバイエルンのジョゼップ・グアルディオラ監督は、あらためてリーグ制覇の難しさを語った。

「選手たちを強く祝福したい。ユベントスとの厳しい120分間を戦ったばかりだ。厳しい状況の中で最初の30分間に良いプレーをして、1点を奪いさらにチャンスを作っていった。ブンデスリーガでの連覇がいかに難しいか実感している。最終戦まで戦い続ける必要あるが、この1勝でまた前進していける」
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top