早大ラグビー部主将に質問「お米は毎食何グラム食べるの?」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

早大ラグビー部主将に質問「お米は毎食何グラム食べるの?」

ライフ 社会

早大ラグビー部主将に質問「お米は毎食何グラム食べるの?」
  • 早大ラグビー部主将に質問「お米は毎食何グラム食べるの?」
  • 早大ラグビー部、新潟県の新米「新之助」とパートナーシップ協定締結(2016年3月18日)
  • 早大ラグビー部、新潟県の新米「新之助」とパートナーシップ協定締結(2016年3月18日)
  • 早大ラグビー部、新潟県の新米「新之助」とパートナーシップ協定締結(2016年3月18日)
  • 早大ラグビー部、新潟県の新米「新之助」とパートナーシップ協定締結(2016年3月18日)
  • 早大ラグビー部、新潟県の新米「新之助」とパートナーシップ協定締結(2016年3月18日)
  • 早大ラグビー部、新潟県の新米「新之助」とパートナーシップ協定締結(2016年3月18日)
  • 早大ラグビー部、新潟県の新米「新之助」とパートナーシップ協定締結(2016年3月18日)
早稲田大学ラグビー蹴球部は、新潟県の水稲新品種「新之助(しんのすけ)」とパートナーシップ協定を締結。今後5年間、早大ラグビー部の合宿所では新之助を使った食事が提供される。

3月18日に行われた発表会で、新潟県知事の泉田裕彦氏、早大ラグビー部の島田陽一部長、早大ラグビー部の桑野詠真(えいしん)選手が報道陣の質問に応じた。

泉田県知事は、「早稲田大学とともに頂点を目指したい。未来のリーダーを育てていこうとする早稲田大学ラグビー部と同様に、新潟県の大型新人である新之助を未来で活躍させたい」と熱く語る。

「高級路線とスポーツは相性が悪いのでは?」という質問には、「トップを目指していこうとする早稲田大学ラグビー部と、トップブランドを目指す新之助は相性がいいと思う。稲に田んぼを象徴とする早稲田大学とお米。これ以上相性のいいものはない」と力強い。

新之助と提携したメリットについて島田部長は、「部員たちの食事は、経済的な負担も大きく、部員に負担してもらったり、色々なところに協力してもらっている。そんな状況で、主食であるお米を支給していただける。これほどありがたいことはない。新之助は、新しいスタートを切ろうとする早稲田大学ラグビー部にぴったり」と新潟県への感謝の思いを述べた。

ラグビー部主将の桑野選手。新之助を試食して、「一つひとつの米がしっかりしていた」と教えてくれた。「日本一になって感謝を返したい」と8年ぶりの日本一奪還に意欲をみせた。

「毎食、どれくらいご飯を食べるの?」という質問には、「選手の体重にもよりますが、僕は700gくらい食べます」と返す。そのとんでもない量に驚いた報道陣からは「食べすぎだよ…」とため息がもれた。

沢山食べるラグビー部員のために、新潟県は早大ラグビー部が合宿所で食べる新之助を年間30トンを提供する予定だ(今年は5トン)。
《大日方航》

編集部おすすめの記事

page top