日本ハム・大谷翔平、5回4失点でも「いい準備できた」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

日本ハム・大谷翔平、5回4失点でも「いい準備できた」

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
日本ハムは3月17日、オープン戦でソフトバンクと対戦。日本ハム・先発の大谷翔平投手は5回を投げて4失点を喫するなど、開幕に向けて不安を残した。

大谷は初回、先頭打者の福田秀平外野手にいきなり本塁打を浴びると、その後もソフトバンク打線の勢いを止められずに3失点。5回には柳田悠岐外野手に適時打を打たれて勝ち越しを許した。それでも球の走りなどには納得していた様子で、開幕に向けて「いい準備ができた」と語っていた。

これに対してファンからは、「大谷を攻略できるとすれば、やっぱりソフトバンクの打線かもな」「乱調気味と思ったけど、良い球もけっこうあった。本番はやってくれるでしょ」「福田の一発で面食らった感じかな。逆に打たれた方が気が引き締まっていいかも」などさまざまなコメントが寄せられていた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top