オリックス西勇輝、打球が帽子にあたりヒヤリ…「生きててよかった」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

オリックス西勇輝、打球が帽子にあたりヒヤリ…「生きててよかった」

スポーツ 短信

オリックス西勇輝、打球が帽子にあたりヒヤリ…「生きててよかった」
  • オリックス西勇輝、打球が帽子にあたりヒヤリ…「生きててよかった」
  • オリックス西勇輝、打球が帽子にあたりヒヤリ…「生きててよかった」
オリックスバファローズの西勇輝投手が3月13日、ブログを更新。同日、QVCマリンフィールドで行われたロッテとのオープン戦に先発出場した西は、打球が帽子にあたり、ヒヤリとした場面を振り返っている。

この日は、「オープン戦」とエントリー。「今日の内容を一言 死ぬかとおもった。です。」と西。一回裏二死一塁、ロッテのデズパイネ外野手が放ったライナーが西の帽子にあたり、球場全体に緊張が走った。

「頭直撃じゃあなくて良かったです。生きててよかった」と西は、打球がおでこをかするも大事に至らなかったことに安堵を示している。西は、その後もマウンドに上がり、5回を4安打の2奪三振無失点で抑えている。

「今日はなんかマウンドが少し怖かったです。笑」と西は振り返り、「つぎはしっかり結果求めて頑張っていきます!」と次の登板へ意気込みを示した。

この試合は、ロッテが4-3でオリックスに逆転サヨナラ勝ちを収めている。

ファンからは、「大事に至らなくてよかった」「すごく心配しました」「何事もなければ笑い話で済むけど、あれは怖いな…」など、先発ローテーションの一角を担う右腕が負傷に至らずに安心したという声が挙がっていた。
《桜川あさひ》

編集部おすすめの記事

page top