U-23サッカー日本代表・中島翔哉、A代表も「いつかたどり着ける」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

U-23サッカー日本代表・中島翔哉、A代表も「いつかたどり着ける」

スポーツ 選手

アディダスブランドコアストア渋谷リニューアルオープン記念パーティー、ゲストにU-23サッカー日本代表・中島翔哉(2016年3月3日)
  • アディダスブランドコアストア渋谷リニューアルオープン記念パーティー、ゲストにU-23サッカー日本代表・中島翔哉(2016年3月3日)
  • アディダスブランドコアストア渋谷リニューアルオープン記念パーティー、ゲストにU-23サッカー日本代表・中島翔哉(2016年3月3日)
  • アディダスブランドコアストア渋谷リニューアルオープン記念パーティー、ゲストにU-23サッカー日本代表・中島翔哉(2016年3月3日)
  • アディダスブランドコアストア渋谷リニューアルオープン記念パーティー、ゲストにU-23サッカー日本代表・中島翔哉(2016年3月3日)
  • アディダスブランドコアストア渋谷リニューアルオープン記念パーティー、ゲストにU-23サッカー日本代表・中島翔哉(2016年3月3日)
  • アディダスブランドコアストア渋谷リニューアルオープン記念パーティー、ゲストにU-23サッカー日本代表・中島翔哉(2016年3月3日)
  • アディダスブランドコアストア渋谷リニューアルオープン記念パーティー、ゲストにU-23サッカー日本代表・中島翔哉(2016年3月3日)
  • アディダスブランドコアストア渋谷リニューアルオープン記念パーティー、ゲストにU-23サッカー日本代表・中島翔哉(2016年3月3日)
アディダスジャパンは3月3日、「アディダスブランドコアストア渋谷」のリニューアルオープン記念パーティーを開催。ゲストにU-23サッカー日本代表の中島翔哉選手(FC東京)を招いた。

中島はパーティー後に報道陣からの質問に応じた。

---:今シーズンの目標は?

中島:できるだけゴールを奪いたい。オリンピックでも活躍できるように、1日1日を大事にしてやっていきたい。一回のチャンスをしっかり決めるとか、そういうことを大事にしたい。チームのためにも活躍したい。

---:U-23日本代表では手倉森監督、FC東京では城福監督がそれぞれ就任。両監督に求められる役割の違いはあるのでしょうか?

中島:基本的には変わらない。ゴールを奪うこと、ゴールに絡むプレーをしたい。特に役割は普段から意識していない。自由にやらせてもらっている。楽しくやれればいいかなと。

---:中島選手のようなプレーをするためにはどうしたらいいですか?

中島:まずはサッカーを楽しむことかな。周りとか関係なく、自分がやりたいことをやって、結果がついてくれば周りも認めてくれる。自分がやりたいプレーはなんなのかしっかりと見つけること。

---:オリンピックに向けて向上させたい部分があれば。

中島:シュートです。他のプレーも大事ですが、そこはもっと高めたい。決められる範囲を広げていきたい。

---:A代表も視野に入れていますか?

中島:A代表はすべての人が目指すところ。試合に出て、ゴールを決め続ければ、いつかたどり着けると思っている。
《大日方航》

編集部おすすめの記事

page top