なでしこジャパン崖っぷち…リオ五輪予選、自力突破が消滅 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

なでしこジャパン崖っぷち…リオ五輪予選、自力突破が消滅

スポーツ 短信

リオ五輪アジア最終予選、日本対韓国(2016年3月2日)
  • リオ五輪アジア最終予選、日本対韓国(2016年3月2日)
  • リオ五輪アジア最終予選、日本対韓国(2016年3月2日)
サッカー女子日本代表は3月2日、リオ五輪アジア最終予選第2節で韓国と対戦し1-1で引き分けた。日本は後半39分に岩渕真奈のゴールで先制したが、直後に失点しリードを守り切れなかった。

初戦オーストラリアに1-3で完敗した日本。リオ五輪出場には負けられない試合で後半39分、川澄奈穂美が右サイドから上げたクロスを、ゴール前で岩渕が触って先制に成功する。

残り時間も少なくこのまま逃げ切れるかと思われた。だが、直後の同42分にハイボールをキャッチしたGK福元美穂とDFの熊谷紗希が接触。落球したところをチョン・ソルビンに押し込まれ追いつかれた。

この失点に関し佐々木則夫監督は、選手ではなく自分の責任と会見で語った。

「最後の失点については、もっとハッキリとするべきだった。DFを5枚にするという準備もしていたので、それをしつつバランスを良くして、もっと安定した形の中でハッキリさせてあげれば、あんなアクシデントもなかったのではないか」

オーストラリア戦、韓国戦ともシュート数では相手を上回りながら、2試合で2点しか獲れていない日本。ゴールが奪えない要因について指揮官は、「フィニッシュの精度を欠いているというだけでは片付けられない」と話す。

「シュートにいく手前のプレー、手前のパス。そういったものが精度を欠いているところが大きい」

韓国戦の引き分けにより自力突破が消滅した日本。リオ五輪出場は厳しいものとなったが、佐々木監督は「まだ可能性は少しあるので、それに向かって今、終わった瞬間から良い準備をして次の中国戦に切り替えたい」と次節での戦いを見据えた。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top