なでしこジャパン・佐々木監督、審判直撃からの失点は「我々のケア不足」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

なでしこジャパン・佐々木監督、審判直撃からの失点は「我々のケア不足」

スポーツ 短信

サッカー女子日本代表の佐々木則夫監督 参考画像(2016年2月29日)
  • サッカー女子日本代表の佐々木則夫監督 参考画像(2016年2月29日)
  • リオ五輪アジア最終予選、日本対オーストラリア(2016年2月29日)
  • リオ五輪アジア最終予選、日本対オーストラリア(2016年2月29日)
サッカー女子日本代表は2月29日、リオ五輪アジア最終予選でオーストラリアと対戦し、1-3で敗れた。この試合では1点ビハインドの前半41分、阪口夢穂のパスが主審に当たり、こぼれ球を得点につなげられるハプニングがあった。

不運な失点もあり大事な初戦を落とした日本。だが佐々木則夫監督は、あのプレーを言い訳にはできないと話す。

「レフェリーがボールにぶつかってしまっても、物としか考えられないから、そのあとの対応というものが重要だった。我々のケアが足りなかったんだ、ということに尽きると思う」

勝ったオーストラリアに対しては、執念のディフェンスにやられたと称えている。

「なかなか我々のシュートがゴールに吸い込まれていかなかった。我々の技術もそうだが、それ以上にオーストラリアがゴールを死守する気持ち、そういったところが勝っていた。我々のサッカーもそんなに悪くはなかったと思うが、実際に結果として相手が3点、我々は1点だった」
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top