引退の澤穂希が決勝弾、INAC神戸が2年ぶり皇后杯制覇 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

引退の澤穂希が決勝弾、INAC神戸が2年ぶり皇后杯制覇

女子サッカーの皇后杯全日本女子選手権は12月27日、等々力陸上競技場でINAC神戸対アルビレックス新潟の決勝戦が行われた。試合は後半33分に澤穂希のゴールで先制し、そのまま1-0で逃げ切ったINACが勝利。2年ぶり5回目の皇后杯制覇を達成した。

スポーツ 短信
澤穂希 参考画像(c)Getty Images
  • 澤穂希 参考画像(c)Getty Images
  • 澤穂希の引退会見(2015年12月17日)
女子サッカーの皇后杯全日本女子選手権は12月27日、等々力陸上競技場でINAC神戸対アルビレックス新潟の決勝戦が行われた。試合は後半33分に澤穂希のゴールで先制し、そのまま1-0で逃げ切ったINACが勝利。2年ぶり5回目の皇后杯制覇を達成した。

有終の美を飾る決勝弾は川澄奈穂美のCKからだった。右サイドから蹴られたボールを、澤がゴール前中央でヘディング。ボールはゴール右隅に吸い込まれ先制点が生まれた。

現役最後の試合で決勝ゴールを決めた澤に、「持ってる人は違うな」「こういう試合で決めるのがすごい」「素晴らしい!まだまだ見てたい気もするが、お疲れ様でした」「まさに有終の美、最後まで魅せてくれましたね」「まるでドラマのような幕引き。本当に感動しました」など、ファンからも驚きの声が寄せられている。

澤はゴールシーンについて、「川澄選手のボールがよかった。当てるだけだった。得点は狙っていたので、最後の試合で決められてよかった」と振り返った。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top