澤穂希、引退理由は「心と身体の不一致」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

澤穂希、引退理由は「心と身体の不一致」

スポーツ 選手

澤穂希の引退会見(2015年12月17日)
  • 澤穂希の引退会見(2015年12月17日)
  • 澤穂希 参考画像(中央/2011年7月17日)
  • 澤穂希 参考画像(2015年5月24日)
  • 澤穂希 参考画像(2015年5月24日)
  • 澤穂希の引退会見(2015年12月17日)
  • 澤穂希の引退会見(2015年12月17日)
12月17日に引退会見を開いた女子サッカーの澤穂希(INAC神戸レオネッサ)。引退を決意した理由について、「心と身体が一致せず、トップレベルで戦うのが難しくなったため」と説明している。

会見では繰り返し『心と身体の不一致」に関する質問が寄せられた。

---:心と身体のトップレベルでの不一致とは具体的に。

澤穂希選手(以下、敬称略):2011年のワールドカップ(W杯)の時と比べると、やはり身体も疲れが取れなかったりとか、気持ちの面でも目標に向かっていくうえで難しい一面がありました。

---:なでしこは引退しても、INAC神戸で現役を続けるという選択肢はありませんでしたか

澤:なかったです。身体は大変だし、心もモチベーションを持つのが大変でした。たぶん皆さんが思っている以上に、心と身体を一致させてトップレベルでやるのは難しい。本当に自分自身、もう厳しいな、難しいなと思いました。

---:心の部分ではW杯優勝、バロンドール受賞でこれ以上を目指すのが難しいというのがあったと思います。では、肉体的な面でどこが具体的に苦しかったですか?

澤:冬になるにつれ身体も痛いところが出てきたり、回復するのも若い時に比べれば遅い。今まで足が出ていたところに出なくなったり、ベストな状態でやっていたときと比べ、違うなとは自分で感じていました。

---:今年のW杯で心と身体が一致しないと感じた瞬間はありましたか?

澤:瞬間というのはないですけど、やはり2011年の時の自分と比べると、まったく心と身体が一致しないなとは感じていました。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top