FC東京・小川諒也、デビュー戦ACLでチームを救う活躍「やっとデビューできました!」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

FC東京・小川諒也、デビュー戦ACLでチームを救う活躍「やっとデビューできました!」

スポーツ 選手

サッカー ゴール イメージ(c)Getty Images
  • サッカー ゴール イメージ(c)Getty Images
3月1日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第2節において、FC東京のDF小川諒也が左サイドバックで先発出場しプロデビューを果たした。試合で小川はCKから2点を演出し、チームの勝利にも貢献している。

駒野友一、室屋成の負傷もあり巡ってきた出場機会。プロデビュー戦がACLという大舞台でも、小川は臆することなくプレーしていた。ハーフタイムで退いた水沼宏太に代わり、セットプレーのキッカーを任されると後半23分、鋭く曲がるボールで相手GKのオウンゴールを誘う。さらに同39分には再びCKで前田遼一のゴールをアシスト。チームも3-1で勝ち最高のデビュー戦になった。

試合後にツイッターを更新した小川は、「やっと、やっとFC東京で、味スタでデビューできました!やっぱりファン、サポーターの方々の応援はすごいと感じました!」とデビューの感激をつづっている。

この投稿にファンもデビューを祝福する。「おめでとう。ここからがスタートだね!」「最高のACLデビュー戦でしたね」「素晴らしいデビュー戦でしたね!これからも頑張ってください!」「デビューおめでとうございます。ナイスアシストでした!」「努力の賜物ですね。リーグ戦スタメン期待してます」などのコメントが寄せられた。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top