バイエルンのグアルディオラ監督、勝ち点8差もドルトムントを警戒 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

バイエルンのグアルディオラ監督、勝ち点8差もドルトムントを警戒

スポーツ 短信

バイエルンがヴォルフスブルクに勝利(2016年2月27日)
  • バイエルンがヴォルフスブルクに勝利(2016年2月27日)
  • バイエルンのジョゼップ・グアルディオラ監督(2016年2月27日)
  • バイエルン対ヴォルフスブルク(2016年2月27日)
2月27日のドイツ・ブンデスリーガ第23節、首位のバイエルンは敵地でヴォルフスブルクと対戦し2-0で勝利した。試合後の会見でジョゼップ・グアルディオラ監督は、「チームを大いに称えたい」と満足を示している。

23日にユベントスとのUEFAチャンピオンズリーグ1回戦を戦ったバイエルン。敵地での激闘から中3日で挑んだ試合だったが、後半21分にキングスレイ・コマンのゴールで先制すると、同29分にはロベルト・レヴァンドフスキの追加点も入り2-0で勝利した。

この勝利にグアルディオラ監督は、「チームを大いに称賛しなければならない。ユベントス戦から4日後ではなおさらだ」と話している。

「ヴォルフスブルク戦がどれほど難しいか、我々には分かっている。とてもうまく試合に入り、最初の10分から12分で得点機が2、3回あった。その後は試合をコントロールするのに苦労した」

残り11試合で2位のドルトムントには勝ち点8差あるが、「ドルトムントは最近とても良いプレーをしており、プレースタイルを変えている」とグアルディオラ監督は話し、3月5日の直接対決に敗れるようなことがあれば、リーグは再び混戦になるだろうとの見方も示した。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top