巨人・菅野智之、5回無失点…ワンシームに手応え | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

巨人・菅野智之、5回無失点…ワンシームに手応え

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
巨人は2月29日、ヤクルトとオープン戦で対戦。巨人は菅野智之投手が先発し、5回を無失点に抑える好投を見せた。

菅野にとってヤクルト戦は鬼門。昨年は5戦5敗と苦杯を喫した相手だ。この日は、3シーズンぶりに解禁したワンシームが冴えわたり、ヤクルト・山田哲人内野手にも的を絞らせず、凡打に打ち取った。

菅野はワンシームは本来打ち取る球としながらも、この日のキレには満足した様子で、「三振も狙える」と手応えを感じていた。

これに対して、「巨人のエースがヤクルトに5敗していたら、今年も優勝できない。そう考えると、菅野が投げるヤクルト戦はかなり重要」「ワンシームは菅野の最大の武器。なぜ、2年間投げていなかったのか疑問だ」「今年の菅野はやってくれそうな気配。エースとしてケガなく1年間投げ抜いてほしい」など、ファンからは期待の声が寄せられていた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top