巨人、オープン戦初戦は完封リレー…ドラフト2位・重信が2安打2盗塁 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

巨人、オープン戦初戦は完封リレー…ドラフト2位・重信が2安打2盗塁

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
2月20日に行われたプロ野球オープン戦、巨人は沖縄セルラースタジアム那覇でDeNAと対戦し、2-0の勝利を収めた。新加入のギャレット・ジョーンズが先制の適時打を放ったほか、ルーキーの重信慎之介も2安打2盗塁。新しい力が活躍した。

昨秋のドラフト2位で入団した重信。キャンプで評価を上げ、オープン戦初戦は2番・左翼手で先発に抜擢された。四回に内野安打で出塁すると、盗塁に成功しチャンスを拡大。ここでジョーンズがライトへの適時二塁打を放ち、巨人が理想的な形で先制した。

巨人は七回にギャレットが二塁打で出塁すると、大田泰示に幸運な形での適時二塁打が生まれる。三塁手の頭上へ上がった内野フライが風で流され野手の間にぽとり。運も味方につけた巨人が完封リレーでオープン戦初戦を制した。

今季初のオープン戦に両軍のファンからは、「重信は本当に当たり引いたんじゃないかと思う」「重信大当たりだな。開幕スタメンあるぞ」「由伸監督は試合中ほとんど表情を変えないのが印象的だったな。些細なことには一喜一憂しないスタンスか」「オープン戦は黒星スタート。ただ投手陣は良かったね。守備は…」「オープン戦も始まったばかりなので、今は結果より内容を見ていきたい。課題が見つかったのは良しとしよう」などの声がある。

これからシーズン開幕までの約1ヶ月。各チームの今季を占う時期が続く。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top