今井正人「勝負をしに来た」東京マラソン2016、エリート男子会見 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

今井正人「勝負をしに来た」東京マラソン2016、エリート男子会見

新着 製品/用品

今井正人「勝負をしに来た」東京マラソン2016、エリート男子会見
  • 今井正人「勝負をしに来た」東京マラソン2016、エリート男子会見
  • 今井正人「勝負をしに来た」東京マラソン2016、エリート男子会見
  • 今井正人「勝負をしに来た」東京マラソン2016、エリート男子会見
  • 今井正人「勝負をしに来た」東京マラソン2016、エリート男子会見
  • 今井正人「勝負をしに来た」東京マラソン2016、エリート男子会見
東京マラソン2016に出場する男子選手が会見を行った。日本人選手として期待のかかる今井正人選手ら、4名と、海外の主力選手が壇上にあがりコメントした。

今井正人(トヨタ自動車九州)
先頭集団でいる距離を伸ばしていって、勝負をしに来ました。自分がわくわくするレースにしたい。そのために作ってきた。自分の力を出し切って結果につなげたい。

藤原新(ミキハウス)
地道に戻してきました。2013年福岡国際の棄権から、マラソンやるごとに5分ずつくらい良くなって、もうそろそろ2時間10分切れるかなと。そういう手応えをもっています。2時間3分の世界でどれだけできるかは未知数ですが頑張りたいです。

松村康平(三菱日立パワーシステムズ長崎)
昨年東京マラソンの失敗から立ち直るのに時間がかかったとは思わない。ただこの一年間は苦しい時期だとは思った。いまここにきた時点では状態も上がっており、過去にも遜色ない。過去の自分を超えられるようにしたい。

村山謙太(旭化成)
初マラソンですし、レース展開はわかりません。ベテラン選手もいますし、今井さんは一番強いと思っています。胸を借りるつもりです。
《編集部》
page top