ロッテのナバーロ、実弾所持を謝罪「起きたことは反省したい」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ロッテのナバーロ、実弾所持を謝罪「起きたことは反省したい」

スポーツ 選手

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
拳銃の実弾を所持していたとして、2月21日に那覇空港で現行犯逮捕されたロッテのヤマイコ・ナバーロ内野手が25日、千葉市のQVCマリンフィールドで会見を開き謝罪した。

ナバーロは憔悴しきった様子で会見に臨むと、「悪気はなかったが、事実は事実として反省している」と釈明。

故郷ドミニカでは許可を受け、護身用に多くの人が拳銃を持ち歩いている。ナバーロも自宅に実弾があることは認めたが、なぜ日本行きの荷物に紛れ込んでいたかは分からない、自分でも驚いていると話す。

気落ちした様子のナバーロにファンからは、「今度は野球で新聞に載れるよう頑張ってください」「頑張れと言うしかないね」「ナバーロはしっかり反省して、試合でいっぱい打ってほしい」「ナバーロは大人としてどうなのと思う部分もあるが、自分も外国に行ったら知らずに法を破ってるかもしれないし、球団が確認を徹底する必要あるな」「しっかりナバーロに必要な選手であることを伝えて、モチベーションを保てるよう球団からのバックアップを期待したい」など、不祥事はバットで取り返してほしいとの声が寄せられている。

ナバーロも「自分にできるのは野球。起こったことは反省して、力を発揮したい」と活躍を誓った。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top