浦和レッズ、ACL初戦はホームで白星発進 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

浦和レッズ、ACL初戦はホームで白星発進

スポーツ 短信

AFCチャンピオンズリーグの初戦で浦和レッズが勝利(2016年2月24日)
  • AFCチャンピオンズリーグの初戦で浦和レッズが勝利(2016年2月24日)
  • AFCチャンピオンズリーグ、浦和レッズ対シドニーFC(2016年2月24日)
AFCチャンピオンズリーグ(ACL)第1節が2月24日に開催。浦和レッズはシドニーFC(豪州)と対戦、ホームで2-0の勝利を収めた。浦和は今大会Jリーグ勢で唯一の白星発進。

前日の試合で昨季Jリーグ王者のサンフレッチェ広島が逆転負けを喫し、FC東京も敵地で全北現代(韓国)に敗れた。昨季に続いて日本勢は未勝利スタートの危機。それを打ち破ったのは前半8分、武藤雄樹のゴールだった。梅崎司のクロスから、こぼれ球を蹴り込み先制点をもたらす。

浦和は同39分、CKの流れから槙野智章がオーバーヘッドシュートで追加点を狙うが、ボールはゴール手前でDFにカットされリードを広げることはできなかった。

早い時間帯に追いつこうと攻勢を強めるシドニー。だが浦和はGK西川周作の好セーブもあり、ゴールラインを割らせない。そして後半20分、興梠慎三がエリア内で倒され獲得したPKを自ら決め、待望の追加点が入った。

その後もシドニーの猛攻を受けたが、西川が相手の強烈なシュートを弾き出し、浦和はクリーンシートでACL初戦に勝利。

優勝した2007年以来の白星発進にファンからも、「このグループは厳しいから、ホームでしっかり勝てたのは大きい」「取りあえず勝ち点3取れて何より。次ぎも期待してる」「第1節全滅は避けられて良かった」「広州恒大が引き分けたから、浦和がグループ首位だ」など喜びの声が聞かれる。

グループHは、4チーム中3チームがACLの優勝経験を持つ強豪ぞろい。初戦勝利の勢いで浦和は"死の組"を突破できるか。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top