大谷翔平、チェンジアップに手応え「初めてにしては上出来」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

大谷翔平、チェンジアップに手応え「初めてにしては上出来」

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
日本ハムは2月24日、沖縄・名護で韓国KIAと練習試合を行い大谷翔平投手が先発。3回を投げて1安打5奪三振と好投した。

ここまで投打双方で順調な仕上がりを見せる大谷。この日は最速153kmをマークするなど、要所でキレのある球がコーナーに決まり、相手打線を封じ込めた。昨年の公式戦では一球も投じなかったチェンジアップも試投。空振り三振を奪ったこともあり、本人も「初めてにしては上出来」と納得の表情だった。

これに対して、「大谷にとったら、チェンジアップも自由に投げこなせるんだろうな。でも、直球とフォーク、スライダーで十分でしょ」「最速153kmって相当速いんだけど、大谷にしたら遅く感じるところが異次元」「あんまり色々な球種を使わない方がいいんじゃないか。ヒジをこわすのが一番怖い」など、ファンからはさまざまな声が寄せられていた。

すでに今季の開幕投手に指名されている大谷。今年も死角はなさそうだ。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top