清武弘嗣の復帰も実らず…ハノーファーが8連敗 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

清武弘嗣の復帰も実らず…ハノーファーが8連敗

スポーツ 短信

清武弘嗣 参考画像(2016年2月21日)
  • 清武弘嗣 参考画像(2016年2月21日)
  • 酒井宏樹 参考画像(2016年2月21日)
  • 山口蛍 参考画像(右/2016年2月21日)
2月21日に行われたドイツ・ブンデスリーガ第21節、酒井宏樹、清武弘嗣、山口蛍の所属するハノーファーは、本拠地にアウグスブルクを迎えた。骨折で戦列を離れていた清武が10試合ぶりに復帰したハノーファーだが、試合は0-1で敗れ連敗を8に伸ばした。

酒井は先発出場、清武と山口はベンチスタートになったハノーファー。前半14分にク・ジャチョルのゴールで先制を許し、ホームで1点を追いかける展開になった。追いつきたいハノーファーもアウグスブルクゴールに迫るが、シュートは決まらず前半を0-1で折り返す。

後半開始からハノーファーはウーゴ・アルメイダと清武を投入する。ハノーファーは清武を中心に好機が生まれ初め、徐々に相手ゴールへの圧力を強めていった。そして後半37分、右サイドからの折り返しをアルメイダが押し込み、相手ゴールネットを揺らした。しかし、このプレーはオフサイドの判定。ゴールは認められなかった。

最大の好機を逸したハノーファーは敗れ、順位は最下位のままとなっている。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top