FC東京のドキュメンタリー映画「BAILE TOKYO」公開…石川直宏「泣きそうになった」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

FC東京のドキュメンタリー映画「BAILE TOKYO」公開…石川直宏「泣きそうになった」

エンタメ 芸能

FC東京のドキュメンタリー映画「BAILE TOKYO」の初日舞台挨拶イベントが開催
  • FC東京のドキュメンタリー映画「BAILE TOKYO」の初日舞台挨拶イベントが開催
  • FC東京のドキュメンタリー映画「BAILE TOKYO」の初日舞台挨拶イベントが開催
  • FC東京のドキュメンタリー映画「BAILE TOKYO」の初日舞台挨拶イベントが開催
  • FC東京のドキュメンタリー映画「BAILE TOKYO」の初日舞台挨拶イベントが開催
  • FC東京のドキュメンタリー映画「BAILE TOKYO」の初日舞台挨拶イベントが開催
  • FC東京のドキュメンタリー映画「BAILE TOKYO」の初日舞台挨拶イベントが開催
JリーグのFC東京を追ったドキュメンタリー映画『BAILE TOKYO』が2月20日から公開された。新宿の新宿バルト9で初日舞台挨拶イベントが行われた。

スペシャルゲストとして、FC東京の石川直宏選手、榊原有佑監督、FC東京ファンでタレントの大杉亜依里さん(TOKYO GIRLS RUN)が登壇した。『BAILE TOKYO』は、選手、クラブ、ファン・サポーターが戦った2015シーズンに密着している。

トークイベントMCで、FC東京の熱狂的サポーター・お笑い芸人のゆってぃさんが登場すると場内は盛り上がった。石川選手は、自分のキャラクターが描かれた『BAILE TOKYO』×文原聡(スタジオクロコダイル)コラボTシャツを着て登場。

同作について石川選手は、「一番最初に観た時、泣きそうになりました。選手である自分とチーム、サポーター、ファンが全てリンクする瞬間が何度もあって、感動しましたし、もっと歴史を積み重ねたいなと思いました」と語った。

ゆってぃさんが「石川選手のリハビリする姿など、すごくリアルですよね」と話すと、石川選手は「トレーニングルームは、なかなか取材はないところなので恥ずかしかったですが」と言い、「最初は撮影するのを意識しましたが、段々慣れてくると本音を伝えたいなーという気持ちも出てくるので、イイ距離感があったと思いました」と振り返る。

大杉さんはFC東京のファンになったきっかけを、「昨年、東京ガールズコレクションでFC東京とステージコラボをしたことがきっかけで、プライベートで試合を見に行ったら、それは好きになりますよね」と回答。5~6試合はひとりで観戦に行ったという。

榊原監督は撮影時に苦労した点を、「ドキュメンタリーをやっていく中で、客感的な気持ちを保たなければいけないなと思ってましたが、撮影序盤でファンになってしまいまして…(笑)。試合で勝った時は普通に喜んでいて、周りからすっかりファンになっているよと言われたり、客観的な視点を保つことが難しかった」と語る。

石川選手は、「映画の中で自分がいる時もいない時もあったのですごく客観的に見れました。自分が見ていない視点からも見れたので。新鮮な部分もたくさんあって、例えば、試合に負けているシーンでは、こういうところで撮ってたんだなーとか、ああいう表情してたんだなーとか、客観的に見れて当時をよみがえらせるとか。リアルな感じがそこにありました」と同作の魅力について話した。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top