阪神、金本監督の初陣で勝利…楽天から4本塁打12得点 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

阪神、金本監督の初陣で勝利…楽天から4本塁打12得点

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
阪神は2月16日、沖縄・宜野座村野球場で楽天と練習試合を行い、12-5で勝利した。金本知憲監督になってから初の対外試合だったが、4本塁打を含む12安打で上々の滑り出しとなった。

二回に江越大賀が三塁打で出塁した阪神は、楽天のバッテリーミスもあり1点を先制。三回表に逆転されるが、裏の攻撃で西岡剛に2ランが出て再び試合を引っ繰り返した。中盤からは阪神打線が活発に打ち、楽天投手陣を粉砕した。

金本監督での初陣を飾った阪神にファンは、「打線に厚みが出てきた。今年は楽しみ」「打つほうは期待された人が、期待どおり打ってくれた。投手はもう少し頑張れ…」「今年の阪神は本当に明るいな」「二塁手争いはいい感じだね。このままケガせず、シーズン中も競ってほしい」「打つほうは夢のような試合。打たれるほうは改善が必要」など、シーズンに向けて明るい話題と喜んだ。

昨季は得点力不足にファンからも不満が出た阪神。今季は猛打爆発なるか。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top