阪神・鳥谷敬、47分間の特守「下半身作りに役立つ」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

阪神・鳥谷敬、47分間の特守「下半身作りに役立つ」

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
阪神の鳥谷敬内野手が2月12日、沖縄・宜野湾キャンプで志願の特守を受けた。

この日に特守の予定はなかったが、急遽志願した鳥谷。特守は計47分間にもわたり、最後まで打球に食らいついた。左右に振られながらも相変わらずの球際の強さを披露し、調整が順調にきていることをアピールした。例年、鳥谷は特守で足腰を強化することを重視しており、「下半身作りに役立つ」と話しながら汗をぬぐった。

これに対して、「鳥谷は元気そうで何より。鉄人鳥谷に今年も期待しよう」「守備はいいけど、本塁打、打率をがんばってほしい。金本監督を男にしてやってほしい」「1番を打つのか3番なのか分からないけど、フルイニング出場目指して昨年以上の成績を!」など、ファンからは鳥谷に期待する声が寄せられていた。

金本知憲監督には、ここ数年の成績に対して「物足りない」と公言されており、鳥谷もキャリアハイを狙って調整を進めている。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top