侍ジャパン、坂本勇人「プレミア12では1球の怖さ学んだ」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

侍ジャパン、坂本勇人「プレミア12では1球の怖さ学んだ」

スポーツ 短信

坂本勇人 参考画像(2015年11月8日)
  • 坂本勇人 参考画像(2015年11月8日)
侍ジャパンの小久保裕紀監督が、3月5・6日に行われるチャイニーズタイペイとの強化試合代表メンバーを発表。巨人・坂本勇人内野手が選出された。

坂本はプレミア12でも正遊撃手として好守で活躍。チームでは4番を打つこともある坂本が2番に入り、超攻撃的オーダーの象徴ともなっていた。

この日はオフィシャルスーツを着用して小久保監督や同じく選出されたチームメートの菅野智之投手らと登壇。「プレミア12では1球の怖さ学んだ」と語り、今後のさらなるレベルアップを誓っていた。

これに対してファンからは、「今のところ、正遊撃手となると坂本が一番手なんだろうな。なかなかいい活躍していたし、キーマンのひとりだと思う」「坂本の2番ってどうなんだ?違う打順の方はいいような気がする」「巨人でも中心選手。侍ジャパンでもガンガン引っ張っていってほしい」などさまざまな声が挙がっていた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top