武藤嘉紀が靭帯損傷…ブンデスリーガ公式「マインツのスターが負傷」と伝える | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

武藤嘉紀が靭帯損傷…ブンデスリーガ公式「マインツのスターが負傷」と伝える

スポーツ 選手

武藤嘉紀 参考画像(2016年1月29日)
  • 武藤嘉紀 参考画像(2016年1月29日)
  • 武藤嘉紀 参考画像(2016年2月6日)
ドイツ・ブンデスリーガのマインツは、日本代表FW武藤嘉紀が2月6日のハノーファー戦で右ヒザ靭帯を損傷したと発表した。復帰までは数週間かかると見られる。

武藤はハノーファーとのブンデスリーガ第20節に先発し、前半24分にドリブルで敵陣深くまで攻め上がり、先制点の起点になる活躍を見せた。負傷のため後半30分にピッチを退いた武藤は、試合後に病院で検査を受け靭帯損傷と診断された。

ブンデスリーガ移籍1年目ながら、ここまで20試合に出場し7得点を挙げていた武藤。チームに不可欠な存在となっていただけに、ブンデスリーガ公式サイトでも「マインツのスター武藤が、ヒザのケガによって離脱」と伝えられた。

また、武藤は3月24日にアフガニスタンと対戦するワールドカップ・ロシア大会アジア2次予選も欠場することになり、日本代表にとっても痛手だ。リーグ戦で好調を続けてきた武藤の早期復帰をマインツ、代表チームとも願っている。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top