デンバー・ブロンコス、17年ぶり3度目のスーパーボウル制覇 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

デンバー・ブロンコス、17年ぶり3度目のスーパーボウル制覇

スポーツ 短信

ブロンコスがスーパーボウル制覇…ペイトン・マニングは史上初めて
  • ブロンコスがスーパーボウル制覇…ペイトン・マニングは史上初めて
  • ペイトン・マニング 参考画像(2016年2月7日)
NFLの第50回スーパーボウルが2月7日、リーバイス・スタジアムで行われた。今年度はAFC王者デンバー・ブロンコス対NFC王者カロライナ・パンサーズが対戦し、24-10でブロンコスが17年ぶり3度目の王座に就いた。

リーグ1位のディフェンスを誇るブロンコスと、1試合あたりの得点数がリーグ最多のパンサーズ。最強の矛と盾の戦いは、ブロンコスが堅守から流れを作っていく。

第1クォーター最初の攻撃シリーズでフィールドゴールを成功させると、さらにラインバッカー(LB)ボン・ミラーがパンサーズのクォーターバック(QB)キャム・ニュートンをサック。こぼれ球をディフェンス・エンド(DE)のマリク・ジャクソンがエンドゾーンでカバーし、この日最初のタッチダウンが生まれた。

第2クォーターにはパンサーズもジョナサン・スチュワートのランでタッチダウンを返すが、前半は13-7とブロンコスがリードしたまま折り返す。第3クォーターにブロンコスはニュートンのパスをインターセプト。通っていればピンチの場面を防いだ。

16-7とブロンコスリードで始まった第4クォーターは、両チーム頂点に向けて激しい攻防を繰り広げる。パンサーズ守備陣が残り13分17秒、ブロンコスのQBペイトン・マニングのサックに成功、こぼれ球をカバーしてターンオーバーも奪った。だがタッチダウンまではつなげられず、フィールドゴールの3点を追加し16-10で試合は進む。

再び6点差まで追い上げられたブロンコス。だが、ここで再びミラーがニュートンへのサックに成功する。さらにファンブルしたボールはセイフティ(S)のT.J.・ウォードがカバー。ブロンコスは敵陣残りわずかで攻撃権を得た。

最後はランニングバック(RB)C.J.・アンダーソンがタッチダウンランを決め、土壇場で勝利を決定づける追加点が入った。さらに2ポイントコンバージョンに挑んだブロンコスは、マニングがパスを通し24-10にリードを広げる。

39歳のマニングはスーパーボウルでの最年長勝利QB記録を更新したほか、インディアナポリス・コルツ時代にもスーパーボウル制覇の経験があるため、史上初めて"ふたつの異なるチームで優勝を経験したQB"にもなった。

持ち前の堅固な守備力を発揮し、自分たちのプレーを貫いたブロンコス。それに対してパンサーズのほうは、大舞台で気持ちが空回りしてしまった部分が見られた。シーズンMVP男ニュートンも、時おり見せるロングパスは光ったが、それ以外で決定的な働きはできなかった。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top